RSS | ATOM | SEARCH
Bold Ruler系の勢い

 フェブラリーSはTapit産駒テスタマッタが勝利。ダートグレード競走では昨年の全日本2歳優駿のオーブルチェフや、2009年ジャパンダートダービーのテスタマッタが勝っているが、この勝利、Bold Ruler系にとっては実に1999年NHKマイルCのシンボリインディ(父A.P.Indy)以来となるJRA・GI勝利となった。

 米国では完全に主流血脈となっているBold Ruler系だが、日本では主流にはなりきれず、いまだにJRAリーディングサイアーは出していない。他のNasrullah系はネヴァービート、テスコボーイ(Princely Gift系)、アローエクスプレス(Grey Sovereign系)、ミルジョージ(Never Bend系)、トニービン(Grey Sovereign系)がリーディングサイアーに輝いているのに、だ。


 その要因としては、米国がこの血統を大事にするあまり、なかなか、Bold Ruler系(特にA.P.Indy系)の好素質馬が輸入されなかったことにある。


 米国のセールではA.P.Indy系が高額になることが多いが、価値観にギャップがある日本のバイヤーにはなかなか手が出せず、A.P.Indy系よりも実績のあるMr.Prospector系などに目が向きがちになってしまうのだ。


 これはA.P.Indy〜Bold Rulerに限らず、米国のUnbridled系や欧州のSadler's Wells系、Green Desert系なども同じで、なかなか良い馬が日本に入ってこない。馬場の適性もあるが、父系の走る、走らないはこういう背景も多分にあると思われる。


 ただ、さすがにA.P.Indy系も米国で飽和状態になってきており、徐々に良質の馬が輸入されるようになってきており、昨年はダートグレード含め4頭が重賞勝ちをおさめた。


◆2011年Bold Ruler系重賞勝ち馬
テスタマッタ(牡5、父Tapit、マーチS-GIII)
メテオロロジスト(牡4、父Golden Missile、佐賀記念-JpnIII)
コスモファントム(牡4、父Stephen Got Even、中山金杯-GIII、中日新聞杯-GIII)
オーブルチェフ(牡2、父Malibu Moon、全日本2歳優駿-JpnI、北海道2歳優駿-JpnIII)


 2010年、2008年、2006年が0頭、2009年がテスタマッタのみ、2007年がイクスキューズ(父ボストンハーバー、クイーンC-GIII)1頭、2005年がピットファイター(父A.P.Indy、アンタレスS-GIII、マーキュリーC-JpnIII)1頭というここ数年だったから、この約2か月の間に2頭のGI(JpnI)ホースが出たのはかなり特異な出来事と言えるのだ。ちなみに、過去のBold Ruler系によるJRA・GI馬をまとめると以下の通り。偶然だろうが、宝塚記念が多い。意外にも、JRAのダートGIは初であった。


◆Bold Ruler系のJRA・GI(級)勝ち馬
2012年フェブラリーS・テスタマッタ(父Tapit)
1999年NHKマイルC・シンボリインディ(父A.P.Indy)
1997年安田記念・タイキブリザード(父Seattle Slew)
1995年宝塚記念・ダンツシアトル(父Seattle Slew)
1990年桜花賞・アグネスフローラ(父ロイヤルスキー)
1986年宝塚記念・パーシャンボーイ(父Persian Bold)
1982年皐月賞・アズマハンター(父ダストコマンダー)
1981年宝塚記念・カツアール(父ステューペンダス)
1977年日本ダービー・ラッキールーラ(父ステューペンダス)


 こういった一連の流れを見ていると、今、Bold Rulerの勢いは確実に日本に来ている。オーブルチェフの骨折は痛いが、ダーレーの種牡馬パイロ(2013年に初年度産駒デビュー)はPulpit×Wild Againという魅力の配合馬だし、昨年種牡馬入りしたカジノドライヴもBold Ruler系。Bernardini産駒のゲンテンなどの素質馬もいる。


 もちろんテスタマッタも、父Tapitから昨年の米2歳チャンピオンのHansen(今年初戦は負けてしまったが…)が出るなど、血の勢いもあり、今年のダートグレード戦線で更なる勝利を重ねそうな勢いである。今年、Bold Ruler系がどれだけ勢力を広められるか、注目して見ていきたい。

author:南原文洋, category:-, 03:10
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://nambara.miesque.com/trackback/6