RSS | ATOM | SEARCH
スズカマンボ産駒がプチブレイク

 最近、筆者が気になっている種牡馬がスズカマンボ。2月24日現在で5頭が6勝を挙げ、サイアーランキングは27位と、産駒デビュー4年目(3世代目)だがなかなかの滑り出しを見せている。


 稼ぎ頭は金蹄S(1600万下・ダート2100m)を含む現在3連勝中のユーロビート(セン4)だが、3歳馬の活躍も目立っている。こぶし賞を勝ったメイショウマンボ(牝3)、24日の3歳500万下を勝ったマンドレイク(牡3)と、この時期にしてすでに2頭のJRA2勝馬を送り出しているのだ。


 過去の産駒を見てみると、初年度産駒が初めて2勝目を挙げたのは3歳5月のパワースポット、2年目産駒が3歳8月のスズカウラノスでいずれもダートの平場戦であり、この時期に2頭がいずれも芝で2勝しているというのは過去にないことなのだ。


 その2勝も内容が濃く、メイショウマンボは紅梅Sでレッドオーヴァルの2着後に、こぶし賞では2着に1馬身1/4を付ける快勝。マンドレイクも平場にしては好メンバーが揃ったレースを勝ちきった。


 産駒全体の傾向にも変化が見える。昨年までは全42勝中約65%の31勝がダートでの勝利だったが、現3歳世代の6勝中5勝が芝でのものになっている。メイショウマンボは重賞戦線でも好勝負できそうな素質を感じさせており、この馬の走りでスズカマンボの評価も一気に変わってきそうだ。


 スズカマンボといえば人気薄で天皇賞・春を勝った馬で、種牡馬入り当時の期待度もそれほど高くなかったが、ダンスインザダークやトーセンダンスと同牝系でサンデーサイレンス産駒だから血統はそれらと似ているし、日本で実績のあるKingmamboが母の父なので種牡馬としての血統的魅力は大きい馬だった。


 3世代産駒でプチブレイクというのは珍しいパターンだが、この時期の産駒の活躍は、種付け相手の質向上に繋がりそうだ。現在活躍中の産駒はもちろん、来年産まれるスズカマンボ産駒にも注目したい。

author:南原文洋, category:中央, 20:13
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://nambara.miesque.com/trackback/53