RSS | ATOM | SEARCH
スカーレット牝系&ジャングルポケット産駒のダイワファルコン

 福島記念はダイワファルコンが快勝し、念願の重賞初制覇となった。

 この牝系にとっても、祖母スカーレットブーケ、母ダイワルージュに続く母仔3代JRA重賞制覇。これは意外と例が少なく、近年で思い浮かぶのはローズキングダム、ルーラーシップ、パドトロワ、アブソリュート、フィーユドゥレーヴ&オウケンサクラ、アグネスフライト&アグネスタキオン、ダイイチルビーくらいだろうか(他にもいたら教えてください)。牧場関係者にとっては誇るべき快挙であると思う。


 このスカーレットインク系は今年もソリタリーキングが重賞ウイナーの仲間入り。ダイワメジャー産駒が絶好調で、ダイワスカーレットの仔ダイワレーヌも近々デビューするようだし、今後さらに、この血統の広がりは増していくだろう。


 父ジャングルポケットにとっても、昨年の天皇賞・秋(トーセンジョーダン)以来のJRA重賞制覇。しかし、5年続いているJRAG1は今年未勝利。実はこの記録、ステイゴールド、アグネスタキオン、キングカメハメハ、クロフネ、マンハッタンカフェ、フジキセキ、ノーザンテーストなどの種牡馬でも達成したことのないこと。6年続ければ父トニービンを超えることになるだけに、年末までちょっと気にしておきたい。

author:南原文洋, category:中央, 21:40
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
はじめまして。

パッと思いつくのでは、明日のキャピタルSに登録のあるアブソリュートもそうですね。母プライムステージ、祖母ダイナアクトレスです。

3代続く重賞馬は名牝系中の名牝系ですね。

TACO, 2012/11/24 6:49 AM
ありがとうございます!
現役馬を見落とすとはお恥ずかしい…
加えさせていただきます(笑)
南原文洋, 2012/11/24 8:03 AM









Trackback
url: http://nambara.miesque.com/trackback/43