RSS | ATOM | SEARCH
ステイゴールド産駒研究/2012-2013POG

 3冠馬オルフェーヴルのみならず、今年も皐月賞馬ゴールドシップや青葉賞勝ちのフェノーメノ、オークス3着のアイスフォーリスなどを送り出しているステイゴールド。メジロマックイーンとの強力なニックスばかりがクローズアップされているが、“血統屋”としては異なる配合の活躍馬を発掘したいというのがあるので、それを分析したい。




 ステイゴールド産駒のJRA重賞勝ち馬16頭の大きな特徴としては、すべてがNorthern Dancerを母系に持っているという点。すなわち全てがNorthern Dancerないしノーザンテーストのクロスを保有している。


 Northern Dancerの中で特に相性の良いのが、6頭いるNijinsky(うち4頭がマルゼンスキー)、4頭いるノーザンテースト、3頭いるDanzig(うち2頭がデインヒル)あたり。Sadler's Wells、Deputy Minister、Nureyev、Storm Catなどはあまり相性が良くないようだ。Mr.Prospector含めたRaise a Native、Roberto、Bold Rulerなども成功例があまりない。


 その他のクロスでは、ゴールドシップなど4頭いるPrincely Giftが有効のようだ。


 以上のポイントをふまえ、今年の2歳馬から注目馬をピックアップ。


◆ステイゴールド産駒オススメ馬
ダイタクルアーズの2010
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2010100132/
サマーキララ
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2010100938/
キタサンバースデーの2010
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2010101321/
ゴールドマグナム
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2010101600/
カーラヤの2010
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2010103071/
ヤマニンマドレーヌの2010
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2010105821/
ピュアドリームの2010
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2010105899/
ローレルオードリーの2010
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2010105917/
コスモメルベーユの2010
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2010105946/
マイネシャーナの2010
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2010105974/
マイネディーバの2010
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2010105977/


 ヤマニンマドレーヌの2010はヤマニンシュクル(阪神ジュベナイルフィリーズ-GI)の姪で、NijinskyやGraustark、6代目だがPrincely Giftが入る形。母の父トウカイテイオーはメジロマックイーンと同じパーソロン系なので、まだ成功例はないが今後この組み合わせも爆発の可能性有りと見ている。


 ローレルオードリーの2010は、カコイーシーズが入ってマルゼンスキーと同牝系だから、ナカヤマナイトに似たパターン。他にもパーソロンやLyphardなど、多くの成功パターンを併せ持っている。


 ピュアドリームの2010はサンライズマックスの従弟で、母の父がダンシングブレーヴからオースに変わった形。祖母がマックスフリートで、3代母の父テスコボーイからPrincely Giftクロスを入れるパターン。


 3頭さらにピックアップしてみたが、ステイゴールド産駒というのは掴みづらい部分も多く、また新たなパターンから活躍馬を送り出しそうだ。 

author:南原文洋, category:POG, 09:33
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
はじめまして。
栗山さんのブログから来ました。

こうやって整理されると傾向が分かりやすいですね。
今後の記事にも期待したいです。

Northan Dancerのクロスは必須と言ってもよい点と、
ノーザンテーストとNijinskyを持つ割合の多さに驚きました。

その両方と相似の関係にあるThe Minstrelを持つゴールドシップは、配合的に優れていると言っていいのかもしれませんね。

勉強になりました!
jiumi, 2012/05/30 2:12 PM
コメントありがとうございます!
そうですね。母の父メジロマックイーンの活躍馬たちも、奥まで見ると、メジロマックイーン以外にも相性の良い血を持っているんですよね。

ゴールドシップは、プルラリズムとトライバルチーフがどうしても好きになれませんが…
南原文洋, 2012/05/30 10:18 PM









Trackback
url: http://nambara.miesque.com/trackback/22